ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
ニルギリ登山鉄道の旅(1月11日 世界一周354日目) Nilgiri Mountain Railway, India
2009-01-17 Sat 17:46
世界遺産にもなっている「インドの山岳鉄道群」。北部のダージリン地方を走る「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」が最も有名ですが、南インドにある「ニルギリ登山鉄道」も、世界遺産のひとつ。麓の町メットゥパーラヤムから、標高2,240メートルにある高原の町、ウダガマンダラム(通称:ウーティ)までの46キロを、約5時間かけて登ります。

46キロに5時間!という驚異的な遅さですが、実はこの鉄道では、インドに残る最後の蒸気機関車のひとつが活躍しているんです。

まずはローカルバスを乗り継いで、登山鉄道の出発地であるメットゥパーラヤムに到着。駅前の宿にチェックインし、翌日の分の切符を買いに駅へ。すると駅長に「明日はもしかしたら既に満席かもしれない。夜8時以降にもう一度出直しなさい」と言われ、夜8時に行くと、「明日の朝6時に来なさい」との返事。念のため、翌朝は眠い目をこすりながら5時半に駅長室に行き、3度も通った甲斐あって当日券をゲットしました!
メットゥパーラヤム駅
(写真:メットゥパーラヤム駅)

チケットの値段は1人9ルピー(約18円)という安さ。5時間も乗るのにほとんどタダみたいな料金です。大勢のインド人観光客と少々の外国人を乗せた列車は、7時10分にメットゥパーラヤムを出発。最初はディーゼル機関車に押されて走ります。しばらくして登り口に差し掛かると、いよいよ蒸気機関車が登場。面白いことに、蒸気機関車は一番後ろに連結されて、列車全体を押して進むんです。
客車を押す蒸気機関車
(写真:客車を押す蒸気機関車。車窓からはこんな感じに見えます)

ニルギリ登山鉄道の旅(1月11日 世界一周354日目) Nilgiri Mountain Railway, India…の続きを読む
別のウィンドウで開く | インド編 India | コメント:3 | top↑
民族舞踊カタカリと限りなくインド的なクルーズ(1月7日 世界一周350日目) Cochin, India
2009-01-14 Wed 21:20
見どころの多いコーチン。その中でも外せないのがケーララ州の民族舞踊、「カタカリ」です。カタカリは、元々は寺院祭礼のために夜通し上演される舞踊でしたが、今では劇場でも見ることが出来ます。歌舞伎と同様、男性のみで演じられ、独特のメイクと衣装が特徴的。顔の表情(特に目の動き)や手のジェスチャーで感情を表現します。

コーチンに複数ある劇場のうち、私たちが向かったのは”See India Foundation”。小さな芝居小屋風ですが、市内で最も歴史の古い劇場のひとつです。
See India Foundation
(写真:See India Foundation入口)

まずは、18時からメイクアップのプロセスを見学。緑・黄色・赤・黒とカラフルな色遣いで、人間離れした顔が作られて行きます。この化粧によってヒンドゥー教の三大神(ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌ)が表現されているとか。
メイクアップ
(写真:前半は自分で、後半は横になって別の人がメイク)

19時になり、ベテランの踊り手が、ジェスチャーごとにどんな意味があるのかを実演して見せてくれた後、本番が始まりました。踊り手は一人のみで、「ラーマ王子と悪魔が戦う場面」を一人二役で演じます。踊りだけを見てストーリーを理解するのは非常に難しいのですが、目や顔の筋肉の豊かな動きを観察しながら状況を想像しているだけでも十分に楽しめました。
カタカリの様子
(写真:カタカリの様子)

もうひとつ、コーチンで私たちが参加したのが、「バックウォーター・クルーズ」のツアー。
民族舞踊カタカリと限りなくインド的なクルーズ(1月7日 世界一周350日目) Cochin, India…の続きを読む
別のウィンドウで開く | インド編 India | コメント:3 | top↑
アーユルヴェーダ突撃体験(1月5日 世界一周348日目) Kovalam Beach & Cochin,India
2009-01-10 Sat 22:08
インド最南端で初日の出を見た後、私たちはケーララ州のコヴァラムビーチにやってきました。「南インドで一番美しい」と言われるこのビーチで目立つのは欧米人ばかり。インドの中にありながらちょっと別世界の雰囲気が漂います。
コヴァラムビーチ
(写真:コヴァラムビーチ)

コヴァラムでは、私たちも特に何もせず、浜辺のレストランで海を見ながら食事をしたり、読書をしたりして過ごしました。海岸を散歩していると、「エンヤートット・ヘイヘイ」(そう聞こえた)という掛け声に合わせて、網を引く漁師たちの姿も見られました。
網を引く漁師たち
(写真:網を引く漁師たち)

コヴァラムに3泊した後は、バスで6時間かけて、同じケーララ州の港町、コーチンへ移動。道中はヤシの木が立ち並ぶ南国らしい風景が広がります。それから、ここケーララ州は共産主義勢力が強い州。車窓からは赤い旗やチェ・ゲバラの顔を描いた看板もよく目にします。
ゲバラ看板
(写真:ゲバラ看板)

アーユルヴェーダ突撃体験(1月5日 世界一周348日目) Kovalam Beach & Cochin,India…の続きを読む
別のウィンドウで開く | インド編 India | コメント:2 | top↑
コモリン岬で初日の出!(1月1日 世界一周344日目) Cape Comorin,India
2009-01-07 Wed 20:32
みなさま、遅ればせながら
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます

昨年は様々な形での応援、ありがとうございました。
私たちは2009年の元旦をインド最南端のコモリン岬で迎えました。
写真はコモリン岬から見た初日の出の様子です。
今年もどうぞよろしくお願いします!

マドゥライからバスで約7時間かけて、カニャークマリ(コモリン岬)までやってきた私たち。インド人にとってここは3つの海(アラビア海・インド洋・ベンガル湾)が交わる聖地。巡礼に来るヒンドゥー教徒が多く、もちろん観光客も多いので、宿が見つかるのかちょっと心配していました。でも、ユキが来た8年前に比べると、新しい宿もたくさん増えていて、特に問題なし!ただしオンシーズンのため、安宿でも料金は一泊1,000ルピー(約2,000円)とインドにしては割高。窓から少しだけ海が見える宿で年を越すことにしました。

さて、元旦は朝5時に起きて、初日の出を拝みに海岸へ出かけました。5:45頃、ベンガル湾を望む海岸に着くと、すでにインド人の大群衆が!人込みをかき分け、少しでも太陽がよく見える位置を探して歩き、クマリ・アンマン寺院の東側にあるガート(沐浴場)の近くに陣取って、日が昇るのを待ちます。後ろから人間の森をかき分けて、さらに前に出ようとする人も!海に浮かぶ岩の上に登る人まで現れ、1人が登ると後の人もどんどん続いて行き、ついには人々が岩の上に鈴なりになって、遠くから見るとまるで巨大なブロッコリーが波に揺られているような状態に。

コモリン岬で初日の出!(1月1日 世界一周344日目) Cape Comorin,India…の続きを読む
別のウィンドウで開く | インド編 India | コメント:2 | top↑
南インドに上陸!(12月28日 世界一周340日目) Tiruchirappalli & Madurai,India
2009-01-05 Mon 18:42
いよいよインドへ出発する日。私たちは、アジアを代表する格安航空会社エア・アジアで、クアラルンプールから南インドのティルチラパッリを目指しました。ティルチラパッリ。インドに詳しい人でも聞きなれない地名かもしれません。南インドのタミルナードゥ州にある産業都市です。マレーシアに住むインド系の人はほとんどがタミル系なので、こんな都市への便も需要があるんです。
ティルチ行きの宣伝
(写真:右がティルチラパッリ【略してティルチ】行きの宣伝。そしてエア・アジアは2009年からロンドンへも就航します!)

朝6時前にクアラルンプールのLCCT(格安航空会社専用ターミナル)に着くと、カウンターには既にインド人の行列が!私たちも列に加わると、周りから「プーケット行きの列はこっちだよ」「シンガポールならこっち」と指摘を受けます。…ちが~う!「私たちもインドに行くんです!」と返事すると、にこにこと嬉しそうな顔。北インドの人たちに比べると随分穏やかなリアクションで、なんだかホッとします。

「エア・アジアは自由席」という話を事前に聞いていたので、インド人との席取り競争を覚悟していたのですが、今回の便では座席が指定されていてひと安心!でもコスト削減のため、搭乗ゲートから飛行機までは離れていても歩き。もちろん機内の飲食物は全て有料です。
エア・アジアの機体
(写真:エア・アジアの機体)

そして、4時間のフライトでついにインドに到着です!数えてみると、ユキは学生時代と社会人になってからの旅行、留学、仕事を合わせて合計で何と8回目のインド。一方のサヤカは全く初めての訪問です。

南インドに上陸!(12月28日 世界一周340日目) Tiruchirappalli & Madurai,India…の続きを読む
別のウィンドウで開く | インド編 India | コメント:2 | top↑
BACK | BUENA SUERTE de 道まかせ | NEXT
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。