ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
腹が減っては旅行は出来ぬ(9月4日 世界一周225日目)Fez & Chefchaouen, Morocco
2008-09-11 Thu 01:05
メクネスから電車に乗ってわずか40分で、私たちは古都フェズに到着。フェズの名物は、何と言っても複雑に入り組んだメディナ(旧市街)。9,000以上の小さな路地が縦横無尽に張り巡らされていて、メディナの中だけでもモスクが500以上もあるとか!まさに世界最大の迷路です。
高台から見たメディナ
(写真:高台から見たメディナの様子)

車が通ることのできないメディナの中では、今でも輸送に使われるのはロバ。ロバが来ると人間は左右に寄って道をゆずります。
メディナの輸送ロバ
(写真:メディナの輸送ロバ)

フェズに2泊して迷路散策を楽しんだ私たちが次の目的地、シャウエンに向かったのは9月2日。実はこの日から、モロッコでは断食月・ラマダンがスタート。

ラマダンの1ヶ月間は、ムスリムは日の出から日没まで一切のものを口にしません。モロッコはヨーロッパに近いので、戒律はそんなに厳しくないのかな~と想像していたのですが、実際にはそんなことはなく、フェズの新市街でも9月2日の朝に営業しているカフェやレストランは皆無。昨日までの賑わいが嘘のように、どの店もシャッターを下ろしています。私たちも、あらかじめ買っておいたパンで朝食を済ませました。ちなみに銀行や郵便局も、ラマダン中は短縮営業になります。
銀行の営業時間
(写真:銀行の営業時間。上段が通常時、下段はラマダン期間中)

11時発のバスに乗って、シャウエンまでは所要4時間。途中の休憩では、普段ならミントティーでも飲んでくつろぐところですが、この日はみんな車内に座ってひたすら我慢。外国人の乗客だけが、持ってきた水やジュースを飲んでいます。そして、お腹が減ってイライラしている運転手はやはり、運転が荒い!山道なのに時速100キロぐらい出して、グングン飛ばしていきます。

荒い運転にヒヤヒヤしながらたどり着いたシャウエンは、山の斜面に作られた小さな町。白とブルーに塗られた家々が美しく、夏でも涼しいため欧米人に人気の観光地です。
シャウエンの町並み
(写真:シャウエンの町並み)

到着してすぐ、私たちが町の中心・ハマン広場で見たもの、それは…

広場に面して並ぶカフェやレストランは全部営業してる!

欧米人が集まる町ではこんな事があるんだ~、とビックリしつつも、これで毎日食事にありつける、とひと安心。

結局シャウエンには3日間滞在しましたが、食事のたびに考えさせられてしまいました。日の出(5時過ぎ)から日没(19時頃)まで、ムスリムは一切の物を口にしないのに、レストランは朝から晩まで営業しています。ということは当然、従業員はみんな、自分たちは何も食べられないのに、外国人のために料理を作ったり運んだりしている!そのため、朝食と昼食の時はいつも、私たちは申し訳ない気持ちでいっぱいでした。さらに、店は広場にテーブルやイスを出しているので、食事中は通行人の視線が痛い!「私たちも一緒に断食したいけど、慣れてないので腹が減って仕方ないんですー。許してくださいー。」と、みんなに説明したい気分になります。

夜19時頃になって日が沈むと、モスクから流れる合図とともに、レストランの従業員もみんな集まって食事を取ります。
ラマダン明けの食事
(写真:ラマダン明けの食事の様子。ミルク、ハリラ【トマトや豆を煮込んだスープ】、デイツ【ナツメヤシの実】など)

この時間を過ぎると、私たちも安心して食べることが出来ます。それにしても、1ヶ月間もラマダンを続けるなんて、やはり私たちには信じられない世界。ひたすら戒律を守る人々の姿には敬服するばかりです。旅行者には断食する義務はないし、高級ホテルや外国人の集まるところではレストランは営業しているとはいえ、やはりこの時期にアラブ圏を旅するのは避けたほうが無難そう。

というわけで我々も、モロッコを脱出してスペインに向かいます!
別のウィンドウで開く | モロッコ編 Morocco | コメント:3 | top↑
<<歩いて行こうスペインへ(9月6日 世界一周227日目)Ceuta, Spain | BUENA SUERTE de 道まかせ | 山を越えたらアラビックリ!(8月30日 世界一周220日目)Meknes, Morocco>>
この記事のコメント
#245 お返事
コメントありがとうございます!

- 土谷さん
うーん、湯呑みでビールはまずそうですね。。。美味しいものは見た目も大事ですよね!モロッコの次にスペインに行って、天にも上る気持ちでした。

- 紗羅さん
たしかに。モスクでも壁を彩るタイルの模様、アラビア装飾書体などため息の出る美しさ。礼拝の時間を告げるアザーンの声もよかったですよ。
2008-09-21 Sun 18:09 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#240 ラマダンか~。
みなさん慣れておられるのだろうなと思っていたのですが、
やっぱりイライラするんですね、そりゃあそうか……。

でも、これだけの信心深さというか、宗教心こそが、
あの美しい建造物や装飾品を生み出しているんでしょうね。

世界に存在するいかなる宗教も、
おそらく全て素晴らしい歴史ばかりとはいかないと思うのですが、
神のために建てられた物、描かれた絵、奏でられる音楽を見聞きするたび、
宗教はこんなに素晴らしいものを生み出せるのか、と思います。
2008-09-13 Sat 22:57 | URL | 紗羅 #n05n40aw[ 内容変更] | top↑
以前、インドネシアでラマダン期間にあたり、日本食レストランで、ビールを飲もうとしたら、”湯呑”にビールがはいって出てきました!
勿論、モロッコと同じく、外国人は問題ないのですが
やっぱり”周りの目”があるからでしょうね・・・
結局、両手で湯呑を持って、お茶をすするようにビールを飲みましたが・・・これでは美味しくないですね・・・
スペインに出国して正解です
2008-09-13 Sat 04:06 | URL | 土谷 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。