ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
砂漠ツアーとハマム体験(8月27日 世界一周217日目) Erfoud, Morocco
2008-09-04 Thu 21:02
モロッコ南部観光のハイライトは、サハラ砂漠。しかし当然のことながら、8月の砂漠は暑い!私たちも行こうかどうしようかさんざん悩んだあげく、やっぱりモロッコまで来たのだから頑張って行こう、という結論に達して、砂漠観光の拠点となる町エルフードにやって来ました。

ホテルの人も言ってましたが、砂漠ではこの時期はオフシーズン。エルフードの町でも観光客の姿はあまり見かけません。砂漠ツアーも出来たら他の人と車をシェアして安くあげたかったのですが、他に誰もいないので結局私たちだけで車をチャーターすることに。

まだ町が寝静まっている早朝4時に、ガイドのイドリスとともに出発!途中から舗装道路を脇にそれて、4WD車は道なき道を進みます。しかしあたりは真っ暗で、一体どんなところを走っているのか分かりません。約1時間で目的地に到着。ガイドの説明によれば、ここからラクダに乗って40分ほどで大砂丘にたどり着けるとのこと。ラクダに乗らず砂丘まで歩こうとも思ったのですが、真っ暗で何も見えないし他の観光客もいないので、歩いて行くのはちょっと不可能。そこでラクダ使いと交渉開始! 最初の言い値は、一人300ディルハム(約4,500円)だったのが、最後は一人125ディルハム(約1,900円)まで下がりました。これでも高かったのか安かったのか良く分かりませんが…。

ラクダの背にまたがり、いざ出発! 砂丘のアップダウンをのんびり進みます。私たちの乗ったラクダは大きくておとなしく、乗り心地もgood! しばらく歩いて、大砂丘に到着。朝6時を過ぎると、徐々に周りの様子が見えてきました。
少しずつ見えてきた砂丘
(写真:少しずつ見えてきた砂丘)

夜明けを待つ間、ラクダ使いのアリーに先住民の言葉、ベルベル語の挨拶を教えてもらいました。最初は英語で話していたけれど、じきにスペイン語も話せることが発覚!いろんな国から観光客が来るので、その相手をしながら覚えたそうです。オフシーズンにはアルジェリアとの国境付近で化石を探し、お土産として売るために加工するという話をしてくれました。

7時を過ぎると、遠くの方まで様子がよく分かるようになってきました。不思議なもので、光の当たり方によって同じ砂丘でも色が全然違って見えます。美しいのは風紋。風が強く、砂が波のようにうねります。砂丘が刻々と姿を変えていく光景にしばし見とれてしまいました。
アリーと砂丘
砂丘

砂漠での夜明けを満喫した私たち。帰りも、来た時と同じルートを「ラクダ~♪ ベルベル~♪」と変な歌を歌いながら進みます。明るくなって分かったことは、いつもラクダが通る場所は、右も左もフンだらけ。車を降りたところから大砂丘まで、真っ黒な「フン街道」が続いています。明るい時間帯なら、これを目印にすれば簡単に砂丘まで歩けるんだなー、と納得。最後に記念撮影をして、ラクダ使いのアリーとはお別れです。
ラクダとともに
(写真:ラクダとともに)

この後、遊牧民のテントや化石の採掘場を見学して、エルフードのホテルに戻った私たち。モロッコの暑さと長旅による疲れを癒すために、近くにあるハマム(アラブ式公衆浴場)に行ってみることに!入口は男女別。ハマム初体験の私たちは、アカスリとマッサージ込みのコースでお願いすることにしました。

★男性編
脱衣場に入ると、気合いの入ったハマムの支配人自らがパンツ一丁になり、「お前もパンツ一丁になれ」という合図。指示に従って脱ぎ、荷物をカウンターの奥にしまった後は、一番奥のムシムシしたサウナ風の部屋へ。ここで仰向けに寝かされ、支配人が上に乗って素手でアカスリ。腕の皮がちぎれそうです。後は指示されるままにうつぶせになったり、プロレス技みたいなのを次々かけられたり、やりたい放題。時に痛かったり、気持ち良かったりもするのですが「日本代表として変な声を出してはいかん!」とじっと我慢。しかし隣でマッサージを受けてた地元のおっちゃんは「アーウッ~」と声を上げてました。モロッコ人もあんな声出すんだなー、と感心。ひと通りマッサージが終わった後は、石鹸とシャンプーで全身を洗って、最後にお湯と水を全身にかけて、終了。支配人自らのサービスで、肌がスベスベになりました!

★女性編
入ってすぐの部屋には、タオルを巻いた姿で座ってくつろぐ女性たち。ここはサウナなのか、脱衣場はどこなのか?と困っていると、英語ができる女の子が「ここに服をかけるのよ」と教えてくれて、この場でパンツ一丁に。地元のおばちゃんに誘われるまま、奥の洗い場へ。しばらく座って待っていると、アカスリ係のおばちゃん登場!やはりパンツ一丁で、でっぷり太って人が良さそうです。おばちゃんがバケツにどんどんお湯を汲み、向かい合ってスタート!初めは体操座りのまま、アカスリ手袋でゴシゴシ。この手袋、タワシのように固いんです!日焼けした皮膚がヒリヒリするぅ~。さらに石鹸をつけ、ジェスチャーで指示されるまま、オットセイ風に体を反らしたり、立ち上がったりして、体の隅々まで洗ってもらいます。最後に髪の毛も洗ってお湯で流してもらい、子どものように全てを任せて終了。おばちゃんのおかげでつるつる卵肌になり、大満足です!
別のウィンドウで開く | モロッコ編 Morocco | コメント:2 | top↑
<<山を越えたらアラビックリ!(8月30日 世界一周220日目)Meknes, Morocco | BUENA SUERTE de 道まかせ | アッスール村訪問記(8月24日 世界一周214日目)Assoul village, Morocco>>
この記事のコメント
#235 お返事
コメントありがとうございます!

土谷さん
-そうですよね。砂漠と言えば「月の沙漠」ですねー。ラクダ使いの歌う「ラクダ~ベルベール」ソングが気になってすっかり忘れてました。ちなみにハマムはシャウエンで2回目に挑戦!再び多彩な技を繰り出され、ホント骨が折れるかと思いました。モロッコに来たらこの「裸の付き合い」をぜひ経験してみてください!
2008-09-13 Sat 01:17 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#230 月の砂漠を~
・・・は歌いませんでしたか?
私なら、是非この歌を歌いながら、ラクダに乗りたいですね
”ハマム”の”男女別レポート”、大変リアルで良かったです
それに、隊長も久々の大写しですね!
”日本代表として・・・”の意気込み、感銘です
・・・でも、”敵の技”が予測できない”アウェー”の試合は
大変ですよね・・・
とりあえず、サッカーはアウェーでバーレーンに勝ちましたが・・
2008-09-07 Sun 22:24 | URL | 土谷 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。