ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
「アフメド号」カスバ街道を行く!(8月21日 世界一周211日目)Route des Kasbahs, Morocco
2008-08-30 Sat 21:46
ワルザザートから東へは、「カスバ街道」を通っての移動です。「カスバ街道」とは、城壁で囲まれた町「カスバ」が道沿いに多く残っているルート。私たちは、ワルザザートで同じ宿に泊まっていた、セネガル帰りのイタリア人女性2人組と一緒に、「グランタクシー」でカスバ街道の中心にあるティネリールの町を目指すことにしました。「グランタクシー」とは、モロッコ名物ともいえるベンツの乗り合いタクシー。通常は助手席に2人、後部座席に4人をギュウギュウに詰め込んで町と町の間を移動するのに使われますが、観光用に1日チャーターも可能なんです。ベテランドライバーのアフメド氏と一緒に、いざ出発!
ベンツのグランタクシー「アフメド号」
(写真:ベンツのグランタクシー「アフメド号」)

車窓からは、右も左もゴツゴツした岩と砂しか無いような殺伐とした荒野が広がり、ポツンポツンと集落が見える程度。途中、すっかり干上がった川を車で渡り、あるカスバの司令官が住んでいたという館を見に行きました。司令官の妻は2人いて、1階と2階にそれぞれの部屋があったり、台所にかまどが残っていたりして、生活の様子が伝わってきます。館の回りの水路にはさらさらと流れる澄んだ水。乾燥した大地ばかり見ているので、水を見るとホッとします。
司令官の館から見たカスバの様子
(写真:司令官の館から見たカスバの様子)

さらに車を走らせ、「ダデス峡谷」へ。切り立った岩山に挟まれた坂道を何重にもカーブしながら登って行きます。23年の経験を持つドライバーのアフメド氏は、写真スポットも熟知。車を停めて峡谷を見下ろすと、迫力ある岩壁が連なってまさに絶景!地層が豪快に波打っていて、「太古の昔、地球はどんな風に形作られたのだろう…?」と思いを馳せてしまいます。
ダデス峡谷
(写真:ダデス峡谷)

この後、もうひとつの「トドラ峡谷」を見学し、ティネリールの町まで行く予定が、トドラ峡谷に着いた時にはもう夕暮れ時。時間切れのため、急遽この峡谷の入り口にあった安宿に泊まることにしました。「アフメド号」とはここでお別れです。峡谷の中に泊まるなんて予定外でしたが、この宿が大正解!窓からはそそり立つ岩山が目の前に迫る「岩ビュー」の部屋。強い風が吹きつけてきて涼しく、モロッコに来て初めての過ごしやすい夜でした。
岩壁の目の前に立つホテル
(写真:岩壁の目の前に立つホテル「ラ・バレー」)

翌朝、峡谷を見ながらの散歩に出かけました。ロッククライマーもここで練習するそうですが、カメラのフレームに収まりきらないほど巨大な岩壁が続きます。谷間を流れる水も豊富できれい。所々に散らばるゴミさえなければ言うことなし、なのですが…。
トドラ峡谷
(写真:トドラ峡谷)

峡谷の散歩をした後は、引き続きイタリア人の2人とオアシス散策へ。先導は現地ガイドのハマディさんです。オリーブの木々が茂る自然のトンネルをくぐり、いちじくの甘い香りを嗅ぎ、農作業に励む人々と挨拶を交わして、トマトやとうもろこしの畑の畔道を川沿いに歩いていきます。最後はハマディさんのお宅でちょっと休憩。ミントティーを頂いて、奥さんが織ったカーペットも見せてもらいました。ベルベル民族独特の模様が織られ、天然の染料が出す色が美しいカーペット、とっても素敵でした。
ベルベルのカーペット
(写真:ベルベルのカーペット)

散歩からホテルに戻ると、すでにチェックアウト時刻の12時。あわてて荷物をまとめて、トドラ峡谷を後にしました。次はアトラス山中にある「アッスール村」を訪ねます!
別のウィンドウで開く | モロッコ編 Morocco | コメント:2 | top↑
<<アッスール村訪問記(8月24日 世界一周214日目)Assoul village, Morocco | BUENA SUERTE de 道まかせ | アトラス山脈を越えて(8月20日 世界一周210日目) Ouarzazate, Morocco>>
この記事のコメント
#228 お返事
-土谷さん
カーペット、実は私も内心欲しかったんですが、さすがに日本直帰じゃないし断念。特に茶色地のものが美しく、和風の部屋にも合うと思いました。
2008-09-06 Sat 00:40 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#225 旅はみちずれ・・・
・・・とは、昔からよく言いますが、色んな国の色んな
旅人との会い、素敵ですね
日本人同士の旅行だと、日本人だけで固まって
いまいがちですが、お二人の好奇心がそれを許さない
んでしょうね
”ベルベルの織物”もとても素敵ですね
”民族独特の模様”=”世界で一つだけ!?”に弱い
私です
私なら、きっと買いたくなるだろうなぁ~
2008-09-03 Wed 04:33 | URL | 土谷 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。