ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
エメラルド色のプリトヴィッツェ湖群 (7月20日 世界一周179日目)Plitvice, Croatia
2008-07-25 Fri 20:53
ハンガリーの首都ブダペストから、国際列車で6時間かけてクロアチアの首都ザグレブにやって来ました。クロアチアは旧ユーゴスラビアから1992年に独立。世界遺産も多く、旧ユーゴの諸国の中で最も観光資源が豊富な国です。アドリア海沿岸にはリゾート地も多いので、夏にはヨーロッパ各地から観光客がどーっと殺到しますが、手頃な安宿はまだまだ少なく、旅行者にとっては一般家庭の空き部屋に泊めてもらう「プライベートルーム」が頼り。ザグレブでは、旅行会社に紹介してもらって運良く市内中心部のプライベートルームに泊まることが出来ました。
ザグレブ市内の花市場
(写真:ザグレブ市内の花市場)

さて、ザグレブからバスで2時間ほどの所に、クロアチア最大の見所の一つ、「プリトヴィッツェ国立公園」があります。最初は日帰りで訪問しようと思っていたのですが、ザグレブの旅行会社で公園近くのプライベートルームを紹介してもらうことができ、さらにバス停までドライバーが迎えに来てくれるというので、1泊して観光することに。ところが、ザグレブからの道中、高速道路で事故渋滞に巻き込まれ、プリトビッツェには予定より1時間半ほど遅れて到着。ちょっといやな予感はしていたのですが、やっぱりバスを降りると、迎えの人は誰もいない!念のため聞いておいたドライバーの携帯電話にかけても誰も出ない…!さらに、日曜日なのでザグレブの旅行会社に連絡しても誰も出ない!という困った状態に。

宿へはとても歩けるような距離ではないので、仕方なく大きなバックパックを公園の観光案内所に預けて、ひとまず観光を済ませてから再度連絡することにしました。観光案内所から深い森に囲まれた坂道を10分ほど下って行くと、木々の間から美しい湖が姿を現しました。水の色は澄んだエメラルドグリーン!世界中のエメラルドを溶かして流し込んだような湖に早くも心を奪われてしまいます。
エメラルド色の湖1

エメラルド色の湖2
(写真:エメラルド色の湖)

湖は大小16も連なっており、広大な国立公園の中にあるので、遊覧船やエコロジーバスを使って回ります。私たちもまず遊覧船に乗って対岸へ渡り、木組みの遊歩道を歩いて行きました。
湖をつなぐ遊歩道
(写真:湖をつなぐ遊歩道)

「うわぁー、きれい!」と何度もため息が出るほど美しい湖群は、92カ所の滝で結ばれています。繊細な絹糸を垂らしたような滝からは、心地よい水しぶき。木陰を散策しながら、まさに湖を「観賞する」という言葉がふさわしい気がします。いくつもの湖鑑賞を堪能し、心が洗われたような清々しい気持ちになりました。
プリトヴィッツェ

プリトヴィッツェ2

さて、夕方5時ごろ、観光を済ませて再度ドライバーの携帯にかけてみると、ようやく連絡がつきました!でもこの「ドライバー」、実は私たちの宿泊するプライベートルームの「隣人」だとか。しかも、彼は私たちが今日来ることを全く知らなかった様子。とりあえずドライバーに連れられて宿には着いたものの、この時間オーナーは不在。どの部屋に入っていいかも分からず、家のリビングで待ちぼうけです。同じくゲストとして泊まっているハンガリー人家族がにぎやかに夕食の支度をしている横で、「もしオーナーが帰って来なかったら、どうしようね?」と途方に暮れること約2時間、ついにオーナー夫妻が帰宅!

奥さんは、「バス停で1時間待っていたのよ。その後も自宅にいたのに、どうして連絡をくれなかったの?」とやや怒り気味。でも私たちはオーナーの電話番号は聞いておらず、ドライバーの連絡先しか知りませんでした。話は複雑ですが、どうやらこういうことみたい。

○元々オーナーは今日外出する予定だったので、隣人の「ドライバー」に私たちの出迎えを頼むつもりだった。
○でも予定が変わり、自分たちでバス停に迎えに行った。ところが1時間待ってもバスが来ない!
○何も知らず、遅れて着いた私たちは「ドライバー」の携帯に連絡。でも彼は今日私たちが来ることを知らされてない。
○オーナーはその後も家で私たちからの連絡を待っていたものの、いつまでたっても連絡がないので、外出。
○外出したところに、何も知らない「ドライバー」に連れられた私たちが到着。

色々なボタンの掛け違いがありましたが、とりあえず宿泊できることになってひと安心。そして嬉しいことに、通された部屋は憧れの屋根裏部屋!サヤカは「魔女の宅急便」のキキみたい、と大喜び。ぐっすり眠った翌朝は雨が降り、テンテコテン、と落ちてくる雨粒の音も愛嬌たっぷりでした。

次はアドリア海沿いの港町、ザダールへ向かいます!
別のウィンドウで開く | クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ編 Croatia & BiH | コメント:2 | top↑
<<アドリア海沿岸の港町へ (7月24日 世界一周183日目)Zadar & Split, Croatia | BUENA SUERTE de 道まかせ | エーゲルワーイン♪ エーゲルワーイン♪ (7月15日 世界一周174日目) Eger, Hungary>>
この記事のコメント
#200 お返事
-chelseaさん
コメントありがとうございます!詩心わかってくれて嬉しいな。本当にきれいで、できることならあの水を固めてネックレスにして持ち帰りたいくらいでした。
2008-08-02 Sat 22:32 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#198
すっごくきれい!

「世界中のエメラルドを溶かして流し込んだような」って素敵な表現だね~。写真からでもマイナスイオンを感じて少し涼しくなりました。
2008-07-28 Mon 12:29 | URL | chelsea #JalddpaA[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。