ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
チリ~ボリビア国境越え(5月4日 世界一周102日目)
2008-05-06 Tue 07:48
24日間滞在したチリに別れを告げ、私たちが次に向かったのはボリビア。ガイドブックには、「チリのアリカからボリビアのラパスへは、バスで所要10時間。道も悪く標高も4,000メートルを超えるので、それなりの覚悟が必要」と書かれているため、「それなりの覚悟」って一体何をすればいいんじゃー!と思いつつ、前日にチケットを買いにバスターミナルへ。ところがカウンターで聞いてびっくり。「最近ボリビア側の道が舗装されたので、道も良くなっているし、所要時間も8時間に短縮された」とのこと。国際バスなのに料金もたったの7,000ペソ(約1,750円)だし、バスもセミ・カマというシート間隔がゆったりしたタイプ。「何だー、それなりの覚悟必要ないじゃん」と思いつつも、念のため現地で入手した高山病予防薬「ソロチ・ピルス」とコカ茶をたっぷり飲んで、いよいよ国境越えの当日を迎えました。
「ソロチ・ピルス」とコカ茶
(写真:高山病予防薬「ソロチ・ピルス」とコカ茶)

10時半頃にアリカを出発したバスは、どんどん標高を上げながら、アンデス山脈に入って行きます。途中、車窓からはリャマやビクーニャなどの動物たちの姿も。さらに、国境の少し手前では、6,240メートルの「ポメラペ山」と6,350メートルの「パリナコタ山」がきれいに見えました。
ポメラペ山とパリナコタ山
(写真:ポメラペ山とパリナコタ山)

さらにぐんぐんと山道を上り、バスは標高4,517メートルにある「チュンガラ湖」を通過。この真っ青な美しい湖のほとりに、チリ側の国境があります。
チュンガラ湖
(写真:青々とした水をたたえるチュンガラ湖)

こんなに空気が薄くて、めちゃくちゃ寒いところなのに、国境の審査官は「ドコエイキマスカー?」となぜか日本語でした。チリ側・ボリビア側の国境で無事に手続きを終えて、いよいよ10カ国目、ボリビアに突入です。バスターミナルの係員の言葉通り、ボリビア側の道も新しくてきれいな舗装道路でした。長いバスの旅に少々酔いつつも、午後7時前に標高3,650メートルの都市ラパスに到着。高度順応のため、1日ゆっくり休んでから観光に出かけたいと思います!
別のウィンドウで開く | ボリビア編 Bolivia | コメント:0 | top↑
<<天空の都・ラパス(5月7日 世界一周105日目) La Paz, Bolivia | BUENA SUERTE de 道まかせ | まだチリにいます!(5月1日 世界一周99日目)>>
この記事のコメント
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。