ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
民族舞踊カタカリと限りなくインド的なクルーズ(1月7日 世界一周350日目) Cochin, India
2009-01-14 Wed 21:20
見どころの多いコーチン。その中でも外せないのがケーララ州の民族舞踊、「カタカリ」です。カタカリは、元々は寺院祭礼のために夜通し上演される舞踊でしたが、今では劇場でも見ることが出来ます。歌舞伎と同様、男性のみで演じられ、独特のメイクと衣装が特徴的。顔の表情(特に目の動き)や手のジェスチャーで感情を表現します。

コーチンに複数ある劇場のうち、私たちが向かったのは”See India Foundation”。小さな芝居小屋風ですが、市内で最も歴史の古い劇場のひとつです。
See India Foundation
(写真:See India Foundation入口)

まずは、18時からメイクアップのプロセスを見学。緑・黄色・赤・黒とカラフルな色遣いで、人間離れした顔が作られて行きます。この化粧によってヒンドゥー教の三大神(ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌ)が表現されているとか。
メイクアップ
(写真:前半は自分で、後半は横になって別の人がメイク)

19時になり、ベテランの踊り手が、ジェスチャーごとにどんな意味があるのかを実演して見せてくれた後、本番が始まりました。踊り手は一人のみで、「ラーマ王子と悪魔が戦う場面」を一人二役で演じます。踊りだけを見てストーリーを理解するのは非常に難しいのですが、目や顔の筋肉の豊かな動きを観察しながら状況を想像しているだけでも十分に楽しめました。
カタカリの様子
(写真:カタカリの様子)

もうひとつ、コーチンで私たちが参加したのが、「バックウォーター・クルーズ」のツアー。
「バックウォーター」とは水郷地帯のことで、入り組んだ海岸線と無数の川が織りなす景色はケーララ地方の風物詩。今回のクルーズ参加者は、私たちの他にデリーから来たインド人夫婦がひと組、その他は全て欧米人で、計15名です。船着場まで車で移動し、ボートに乗っていざ出発!

ヤシの木々が生い茂る島を遠くに眺めながら、目の前は一面に広がる川。広々した海のようにも感じますが、波や潮のにおいはありません。時々、洗濯物を打ちつけて洗うおばちゃんや、小船に乗ってムール貝の漁をしている漁師の姿が見られました。
漁師の姿
(写真:漁師の姿)

人口がとにかく多くて町のいたる所が人間の飽和状態になっているインドで、静かに自然に浸れる時間はとっても貴重です。途中、島に立ち寄って「アーユルヴェーダ」に使うハーブの木々を見学したり、タロイモチップスを試食したりして、13時にランチタイム。ボートの上で、スタッフ数名が手際よく「ミールス」を準備してくれます。そのカレーやおかずのカラフルなこと。デザートにライス・プディングもついて、大満足です!
カラフルに盛り付けられたカレー
(写真:カラフルに盛り付けられたカレーと、豆のせんべい・パパド)

午後は車で10分ほど移動して、別の舟乗り場へ。今度は小舟に分乗して小さな運河を上りながら、川沿いの村々を訪ねます。
小さな水路
(写真:小舟で小さな水路を抜けて行きます)

ココナッツの繊維でロープを作る女性たちの作業を見学したり、ココヤシの木登り名人にココナッツを落としてもらい、みんなでジュースを試飲したり。
ココナッツの繊維でロープを作る女性たち
(写真:ココナッツの繊維でロープを作る女性たち)

ちなみに午前も午後も、グループ内の主役はデリーから来たインド人夫婦。とにかくマイペースで、よく喋る!そして旦那さんは、奥様をモデルにして終始写真を撮りまくり。と思ったらいきなり携帯電話で家族に電話してクルーズの様子を実況中継。ロープ作りをしている女性の所では、彼女たちの日給が40ルピー(約80円)という安さであることを知ると、ガイドに「どうして君はこの状況を改善しようとしないんだ!」と詰め寄ったり、ベルギー人の参加者に「EUはこの問題に対して何が出来るか?」と尋ねたり。欧米人が11人いても全く太刀打ちできず!周りは苦笑するしかありません。やっぱり北インドの人たちはすごいなあ、と改めて思った1日なのでした。

次は高原の避暑地、ウーティへ向かいます!
別のウィンドウで開く | インド編 India | コメント:3 | top↑
<<ニルギリ登山鉄道の旅(1月11日 世界一周354日目) Nilgiri Mountain Railway, India | BUENA SUERTE de 道まかせ | アーユルヴェーダ突撃体験(1月5日 世界一周348日目) Kovalam Beach & Cochin,India>>
この記事のコメント
#353 お返事
コメントありがとうございます!

-MIWAさん
説明もわかりやすかったし、踊り手さんが間近に見られてよかったよ!特に、上下左右にクルクル動く目と、顔の表情の変化が印象的。次回インドに行くチャンスがあったら、ぜひ見てね!もうすぐ帰国、再会を楽しみにしてま~す。

-土谷さん
たしかに北インドのご夫婦は押しが強かったのですが、同じツアーの参加者どうし、同じ立場で話せて楽しかったです。私たちにカメラの電池の寿命や、使っている化粧品を尋ねてきて、ああ、典型的なインド人だな~って思いました(笑)。
2009-01-21 Wed 02:05 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#350 北インド人
さすが、”大インド帝国”ですね
地域による違いが、本当に大きいんですね
デリーから来た夫妻の、まくしたてている光景が
眼に浮かびます・・・
私もインド国内線で、インド人のお金持ちそうな婦人が
機内中に響く声で、アテンダントに詰め寄っていたのに
遭遇しました
内容は、単なる手荷物の収納場所に関してのことだけ
なんでしたが・・・
こういった環境で、日本人がビジネスをすることの
難しさを、改めて感じますね
”定番”の川下り、とても楽しそうですね!
それから、”ローカルフード”の写真、ありがとうございます
唾液腺を刺激します!
2009-01-15 Thu 16:50 | URL | 土谷 #-[ 内容変更] | top↑
#349
私もカタカリ見てみたいんだけど
なかなか機会がないのだ。
やっぱり本場のカタカリはよかった?
2009-01-15 Thu 13:09 | URL | MIWA #u2wwupZk[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。