ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
なんてったってアンコール①(11月18日 世界一周300日目)Angkor Ruins, Cambodia
2008-11-27 Thu 13:33
アンコール遺跡群の観光拠点となるシェムリアップで私たちが滞在したのは、「クロマーヤマト・ゲストハウス」。この宿オススメです!理由は、カンボジア人スタッフが日本語を話せる、日本語の本やDVDがたくさんある、朝食付き、洗濯サービス無料、部屋にテレビ・DVDデッキ付き、ついでにかわいい犬の「モジャ」もいる!これで二人で8ドル(エアコンつけると12ドル)はお得。さらに観光の際には、トゥクトゥクの運転と日本語ガイド(もちろん有料)もスタッフにお願いできます。

宿のホームページ http://krorma.com/krormayamato.html

ずっと楽しみにしてきたアンコール遺跡、せっかくなのでガイドの説明を聞きながら回りたい、しかし出費が…。と悩み、二人で協議した結果、今回は旅のハイライトの一つでもあるし、記念すべき300日目だし、ガイドをお願いすることにしました!考えてみれば10ヶ月間の旅の中で、日本語ガイドに案内してもらうのは今回が初めて。ちなみに料金は1日35ドルです。私たちを案内してくれたガイドはキムホンさん、織田裕二似の23才。
キムホン
(写真:ガイドのキムホンさんと「トゥクトゥク」)

観光初日、小雨の中トゥクトゥクに乗ってまずはアンコール・トム(クメール語で「大きな都市」)を目指します!南大門をくぐり、アンコール・トムの中心部「バイヨン寺院」へ。この寺院で見事なのは、回廊に連綿と続く浮き彫りの数々。隣国チャンパ軍とクメール軍の戦いや、当時の庶民生活の様子が生き生きと描かれています。
第一回廊の浮き彫り
(写真:第一回廊の浮き彫り)


そして、バイヨン寺院で一番楽しみにしていたのが「クメールの微笑み」。49もの塔の側面に刻まれた巨大な観音菩薩像が、柔和な微笑をたたえています。サヤカは高校の世界史でアンコール遺跡を知ってから、ずっとこの顔が見たかった!(実は大学受験の時もスペイン語とカンボジア語どちらを専攻しようか迷ったほど)12年越しの対面に感激です。
クメールの微笑
(写真:バイヨン寺院「クメールの微笑み」)

次は、「タ・プローム」遺跡。長い参道を歩いていくと、ガジュマルの巨木の根っこが、まるで生きた鶏の爪先のように絡みついた寺院が見えてきます。ガジュマルの木を切ると、木と一体化した寺院まで崩れてしまうため、木を切ったり修復したりせず、発見当時のままの状態で保存されているそうです。
タ・プローム
(写真:タ・プローム寺院に絡みつくガジュマルの木)

昼食をとった後は、待っていましたアンコール・ワット!

西方にある浄土を拝むため、アンコール遺跡群の中で唯一西向きに建てられています。そのため、写真撮影は午後がオススメ。大勢の観光客に混じって歩くお坊さん、線香を供えて拝む地元の人たちの姿も見られ、アンコールワットのたたずまいには、現代の人々をも惹きつける魅力が感じられます。
アンコールワット全景
(写真:アンコールワット全景)

アンコールワットの中に足を踏み入れると、やはり目を見張るのが回廊の浮き彫りです。中でも、ヒンドゥー教の天地創世神話を描いた「乳海攪拌」がユキのお気に入り!88人の神々と92人の阿修羅が綱引きをして、海中をかき回すという場面です。
綱引きの様子
(写真:綱引きの様子)

あとはインドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」、そして「天国と地獄」の浮き彫りなどなど、ガイドのキムホンさんの知識が豊富なうえ、日本語で解説してもらえたので、とても興味深く見学することができました。

アンコール遺跡群の続きはまた次回お伝えします!
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:2 | top↑
<<なんてったってアンコール②(11月21日 世界一周303日目)Angkor Ruins, Cambodia | BUENA SUERTE de 道まかせ | アンコール遺跡だけじゃない!カンボジア(11月17日 世界一周299日目)Phnom Penh & Siem Reap, Cambodia>>
この記事のコメント
#317 お返事
コメントありがとうございます!

-土谷さん
ひとつひとつ違うクメールの微笑みは、いつまで見ても飽きないですよね。イースター島のモアイ巡りも楽しかったですが、やっぱりアジアの笑顔はより身近に感じました。
2008-12-04 Thu 18:01 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#310 クメールの微笑み!
そうなんですよね、”クメールの微笑み”の前に立つと
何かすごいパワーと言うか、霊感を言うか、不思議な
気持ちになります
私なんか、15分以上は、じっとその場にいましたから・・。
それからバイヨン寺院とアンコールワットの回廊の
レリーフもとっても興味深いですね
どれも物語性が強くて、じっくり見たくなりますね
これはやっぱりガイドをお願いして正解ですよ
ガイドの説明を聞きながら見ると、興味倍増ですね
また続編で、気に行った物語やレリーフをレポートして
下さいね
2008-11-27 Thu 15:15 | URL | 土谷 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。