ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
アンコール遺跡だけじゃない!カンボジア(11月17日 世界一周299日目)Phnom Penh & Siem Reap, Cambodia
2008-11-25 Tue 15:28
カンボジアと言えば何といってもアンコール遺跡!が真っ先に頭に浮かびますが、この国にあるのはそれだけではありません。

極端な共産主義者で「都市文明」を否定したポル・ポトが政権を握った1975年から79年の間に、プノンペンの市民は農村へ強制移住させられ、虐殺や強制労働によって国の人口の3分の1にあたる200万人とも300万人とも言われる人々が命を落としました。

プノンペンで私たちがまず訪ねたのは、ポル・ポト時代に大量虐殺の舞台となった「キリングフィールド」。市内中心部から、トゥクトゥクで約30分。郊外の水田に囲まれた土地にある「キリングフィールド」で、まず目を奪われるのが慰霊塔です。
慰霊塔
(写真:慰霊塔)

塔の中心部に近づくと、ガラス越しに被害者たちの8,000以上もの頭がい骨が積まれているのが見えます。
慰霊塔の内部
(写真:慰霊塔の内部)

周りの地面には不自然にへこんでいる部分がいくつもありますが、ここに遺体が埋められていたとか。当時、銃やガスなどは使わずに殺されたとの説明書きがあり、1人1人原始的な方法で手を下されたようです。もちろん、殺す方も殺される方も同じカンボジア人同士。相当な苦痛を伴ったことが想像されます。地元の人たちに倣って、私たちも線香と菊の花を供えてきました。

もう一つ、プノンペン市内には、元々は高校の校舎で、ポル・ポト時代には刑務所として使用されていた「トゥールスレーン刑務所」があります。現在は博物館になっていて、ポル・ポト派が撮影した処刑を待つ人々の写真や、拷問に使われた器具などが展示されています。教室の中にレンガで仕切りを作って作られた独房なども、生々しい姿で残っていました。
トゥールスレーン刑務所博物館
(写真:トゥールスレーン刑務所博物館)

わずか30年ほど前に起こった出来事であり、今生きているカンボジアの人々も何らかの被害に遭ったり、逆に加害者になったりした可能性を考えると、非常に恐ろしく背筋の凍る思いです。今、平和に観光できる有難さもしみじみと感じました。

さて、ここから話はガラっと変わります!プノンペンからアンコール遺跡見学の拠点となるシェムリアップまではバスで6時間。シェムリアップに着いて、遺跡見学よりも前に私たちが行ったのは、噂に聞いていた「平壌レストラン」。名前からも分かるように、これは北朝鮮政府直営のレストラン。昔からカンボジアの王室と北朝鮮の親交が深かったので、ここに出店しているとか。しかし最近はベトナム、ラオスなど、東南アジア各地に店舗があるようです。
平壌レストラン入口
(写真:平壌レストラン入口)

19時頃に店に入ると、中は韓国からの団体客ばかり。そしてウェイトレスはみんなすごい美女揃い!まずは食事を注文すると、レトロなピンク色のワンピースに身を包んだウェイトレスが、目の前で冷麺を切ったり、ビビンパを混ぜたりしてくれます。
冷麺を混ぜるウェイトレス
(写真:冷麺を混ぜるウェイトレス)

このレストランの目玉は、何と言ってもカラオケ・ダンスショー!19時半を回ると、さっきまで普通のウェイトレスだったお姉さんたちがステージに上がり、カラオケに始まり、天女の舞のようなダンス、お琴に似た楽器やバイオリンの演奏など、次々にショーを繰り広げます。本国で厳しいトレーニングとオーディションを経て来た女性たちなのでしょう、歌も踊りも上手い!しかもアイドルっぽい可愛さ全開!!
ショーの様子1
ショーの様子2
(写真:ショーの様子)

これには韓国人のオジサンたち、大喜び! ショーが終わるとみんなで記念撮影したり、北朝鮮娘と歓談したりしてました。何話してたんだろ~?たぶん「北での生活はどうなの?」みたいなことでしょう。まあ、彼女たちも本当のことを答えるはずはないと思いますが。しかし、韓国人にとっても、自国ではできない貴重な経験。みんな満足そうな様子で帰って行きました。

このレストラン、どうやら北朝鮮の「外貨獲得手段」である一方、国の威信を示す宣伝活動、そして南北交流の場という役割も果たしているようです。とはいえ、ここで見られるのは選び抜かれたごく一部の人たち。国の庶民の現実とかけ離れていることは誰の目にも明らかなのですが…。

次回はアンコール遺跡の様子をお伝えします!
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:3 | top↑
<<なんてったってアンコール①(11月18日 世界一周300日目)Angkor Ruins, Cambodia | BUENA SUERTE de 道まかせ | カンボジア行きのスローボート(11月13日 世界一周291日目)Vietnam to Cambodia through Mecong River>>
この記事のコメント
#313 お返事
コメントありがとうございます!

-土谷さん
日本に住んでいると情報は飽和しそうなほど得られますが、やっぱり自分の目で見た衝撃は忘れられません。12年前に渡航を断念した時は、まだ危険な国というイメージだったカンボジア、今回現地の人たちが平和に生活している様子を見ることができて本当によかったです。

-yasukoさん
ラオス北部に来ると朝晩冷えて、やっと12月だという実感がわいてきました。日本の紅葉の写真を見たり、紅白の情報を聞くとなつかしくなります。旅程に頭を悩ます日々ですが、せっかくなので最後まで安全に楽しもう!と思ってます。寒い日本、体に気をつけて!
2008-12-02 Tue 15:08 | URL | 道まかせ #EixkuloU[ 内容変更] | top↑
#309
なんと頭蓋骨の山・・・すごい光景ですね。アウシュビッツ思いだしちゃいました。悲しい歴史ですが後世に残していくべきものですね。
カンボジア始め東南アジアはいい季節に入りますね~♪日本は今日からやけに寒くて、秋から冬に入った感じですよ。
バンコクの空港今もデモ隊占拠中ですよね?お二人の旅路に影響がないように~~ お気をつけて!
2008-11-27 Thu 12:08 | URL | yasuko #L7GNgqug[ 内容変更] | top↑
#308 国際社会の断面が・・・
そうなんですよね、第二次世界大戦より、もっと身近に
こんな不幸な歴史があったということを頭では理解
できても、カンボジアの人達の笑顔を見ていると
とても結びつかないですよね
それに、”北朝鮮”が身近に・・・、ベトナムもそうですが
ついつい、”社会主義の国”にいるって、忘れがちですね
でも、そんな頭では理解できないことを、確かに現地で
生で見聞きして、体験するって、とても大切ですね
教科書をいくら読んでも理解できない世界がありますよね
さすが、”道任せ隊”、”硬軟”織り交ぜた訪問地選定
やっぱ、センスがいいですわ!
2008-11-26 Wed 12:39 | URL | 土谷 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿(入力後、下の"SUBMIT"ボタンを押して下さい。)★E-MAILとWEB SITEの欄は空欄でも構いません★
 

管理者だけに閲覧
 

| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。