ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
なんてったってアンコール②(11月21日 世界一周303日目)Angkor Ruins, Cambodia
2008-11-30 Sun 12:53
アンコール遺跡見学の2日目は、シェムリアップ郊外の遺跡を見に行ってきました。

ガイドのキムホンさんと一緒に再びトゥクトゥクに乗り、まずはシェムリアップから約40キロ北にある「バンテアイ・スレイ」へ。ピンク色の砂岩と熱帯特有のラテライト(赤土)で造られていて、繊細な彫刻が特徴の寺院。アンコール美術の最高傑作とも言われています。中でも有名なのは「東洋のモナリザ」と呼ばれる女神像。しかし今回は修復中で、代わりにそのモナリザと「一番似ている」という像しか見ることが出来ませんでした。
バンテアイ・スレイの彫刻
(写真:バンテアイ・スレイの彫刻)

この日は天気が良い反面、暑くて体力を消耗するので、休憩がてら早目のランチタイム。ココナッツの実をくり抜いた手作り容器がかわいい!中身のココナッツミルク系チキンカレー、甘めで絶品でした。
ココナッツカレー
(写真:ココナッツカレー)

なんてったってアンコール②(11月21日 世界一周303日目)Angkor Ruins, Cambodia…の続きを読む
スポンサーサイト
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:4 | top↑
なんてったってアンコール①(11月18日 世界一周300日目)Angkor Ruins, Cambodia
2008-11-27 Thu 13:33
アンコール遺跡群の観光拠点となるシェムリアップで私たちが滞在したのは、「クロマーヤマト・ゲストハウス」。この宿オススメです!理由は、カンボジア人スタッフが日本語を話せる、日本語の本やDVDがたくさんある、朝食付き、洗濯サービス無料、部屋にテレビ・DVDデッキ付き、ついでにかわいい犬の「モジャ」もいる!これで二人で8ドル(エアコンつけると12ドル)はお得。さらに観光の際には、トゥクトゥクの運転と日本語ガイド(もちろん有料)もスタッフにお願いできます。

宿のホームページ http://krorma.com/krormayamato.html

ずっと楽しみにしてきたアンコール遺跡、せっかくなのでガイドの説明を聞きながら回りたい、しかし出費が…。と悩み、二人で協議した結果、今回は旅のハイライトの一つでもあるし、記念すべき300日目だし、ガイドをお願いすることにしました!考えてみれば10ヶ月間の旅の中で、日本語ガイドに案内してもらうのは今回が初めて。ちなみに料金は1日35ドルです。私たちを案内してくれたガイドはキムホンさん、織田裕二似の23才。
キムホン
(写真:ガイドのキムホンさんと「トゥクトゥク」)

観光初日、小雨の中トゥクトゥクに乗ってまずはアンコール・トム(クメール語で「大きな都市」)を目指します!南大門をくぐり、アンコール・トムの中心部「バイヨン寺院」へ。この寺院で見事なのは、回廊に連綿と続く浮き彫りの数々。隣国チャンパ軍とクメール軍の戦いや、当時の庶民生活の様子が生き生きと描かれています。
第一回廊の浮き彫り
(写真:第一回廊の浮き彫り)


なんてったってアンコール①(11月18日 世界一周300日目)Angkor Ruins, Cambodia…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:2 | top↑
アンコール遺跡だけじゃない!カンボジア(11月17日 世界一周299日目)Phnom Penh & Siem Reap, Cambodia
2008-11-25 Tue 15:28
カンボジアと言えば何といってもアンコール遺跡!が真っ先に頭に浮かびますが、この国にあるのはそれだけではありません。

極端な共産主義者で「都市文明」を否定したポル・ポトが政権を握った1975年から79年の間に、プノンペンの市民は農村へ強制移住させられ、虐殺や強制労働によって国の人口の3分の1にあたる200万人とも300万人とも言われる人々が命を落としました。

プノンペンで私たちがまず訪ねたのは、ポル・ポト時代に大量虐殺の舞台となった「キリングフィールド」。市内中心部から、トゥクトゥクで約30分。郊外の水田に囲まれた土地にある「キリングフィールド」で、まず目を奪われるのが慰霊塔です。
慰霊塔
(写真:慰霊塔)

塔の中心部に近づくと、ガラス越しに被害者たちの8,000以上もの頭がい骨が積まれているのが見えます。
慰霊塔の内部
(写真:慰霊塔の内部)

周りの地面には不自然にへこんでいる部分がいくつもありますが、ここに遺体が埋められていたとか。当時、銃やガスなどは使わずに殺されたとの説明書きがあり、1人1人原始的な方法で手を下されたようです。もちろん、殺す方も殺される方も同じカンボジア人同士。相当な苦痛を伴ったことが想像されます。地元の人たちに倣って、私たちも線香と菊の花を供えてきました。

アンコール遺跡だけじゃない!カンボジア(11月17日 世界一周299日目)Phnom Penh & Siem Reap, Cambodia…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:3 | top↑
カンボジア行きのスローボート(11月13日 世界一周291日目)Vietnam to Cambodia through Mecong River
2008-11-20 Thu 21:47
ブンタウからホーチミンシティに戻った私たち。次はカンボジアへの国境越えです!ホーチミンシティからプノンペンへは直行の国際バスもたくさん出ていますが、今回は1泊2日の「メコンデルタツアー」に参加し、メコン川を遡りつつ船でプノンペンに向かうことにしました。

1日目は、朝8時にホーチミンシティの旅行会社「シンカフェ」に集合し、バスでいざ出発!…ところが20分ほど進んだところで「宿にパスポートを置いてきた!」という参加者が現れて緊急停車。今さらバスごと町に引き返すことは出来ないので、その人だけ急いてバイクタクシーに乗り換えてパスポートを取りに戻りました。ベトナムでは、チェックイン時にホテルがパスポートを預かる習慣があるので、要注意!です。
待ちぼうけ
(写真:パスポートを忘れた人が戻るまで待ちぼうけ…)

「パスポート事件」で30分ほど足止めされた後、約2時間半走って、カイベーの町に到着。ここでボートに乗り換えて、小さな「水上マーケット」を見学しました。
バナナを積んだ船
(写真:バナナを積んだ船)

カンボジア行きのスローボート(11月13日 世界一周291日目)Vietnam to Cambodia through Mecong River…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:4 | top↑
あり~がとう♪ さよ~うなら♪ ブンタウ~♪(11月9日 世界一周291日目)Vung Tau, Vietnam
2008-11-16 Sun 21:39
ホーチミンシティからブンタウまでは、水中翼船で1時間半。海辺の町ブンタウは、ビーチが有名なだけでなく、石油産業の基地としても知られている所。サヤカの高校時代の友人であるカベチョロさんが、石油関係の仕事をしているご主人と二人でこの町に住んでいます。世界一周を決めた時から「遊びに行くね!」と言ってあり、ずっと訪問を楽しみにしていた町です。
ブンタウ行き水中翼船
(写真:ブンタウ行き水中翼船)

ブンタウの船着き場では、カベチョロさんがお出迎え。1年3カ月ぶりの再会です。早速家におじゃますると、庭にはヤシやバナナ、ロンガンという果物の木が植わっており、トロピカルな雰囲気!二階建ての邸宅の中は、走り回りたくなるような広さ。私たちは空いている部屋に泊めてもらうことになりました。

カベチョロさんは、週に2回、家で大学生に日本語を教えています。私たちが着いた日も自宅のリビングで授業をするというので興味津々、見学させてもらいました。まずは、音楽祭の練習に来た二人に「ありがとう・さようなら」の歌の指導。級長の男子学生がピアノを弾きながら歌い、女子学生もハモりながら歌います。この二人の声がきれい!特に女の子の高い声と「が」の発音が美しく、歌詞もなつかしくて感動!です。

一時間後、日本語学科の他の学生たちと先生、日本食レストランの店員さんも集まって、会話の授業がスタート。
日本語教室の様子
(写真:日本語教室の様子)

あり~がとう♪ さよ~うなら♪ ブンタウ~♪(11月9日 世界一周291日目)Vung Tau, Vietnam…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:4 | top↑
やっとこ着いたホーチミンシティ(11月5日 世界一周287日目)Ho Chi Minh City, Vietnam
2008-11-14 Fri 18:29
ベトナム中部のフエから南部のホーチミンシティまでは、列車で18時間。長旅なので今回は、上下2段のベッドで4人一室の「ソフトベッド」のチケットを入手。発車時刻の10:44に合わせてフエ駅に向かいました。ところがどっこい!ハノイで大雨が降った影響で列車が遅れていて、出発は18時になるとのこと。
フエ駅
(写真:フエ駅)

駅の係員は英語があまり話せなかったので、駅の向かいでカフェを経営しているおっちゃんが英語で事情を説明してくれました。最初は、だまされてるんじゃないか?とちょっと疑っていましたが、後で判明したことは「本当にとっても親切な人」だったということ。列車の時間までカフェで荷物を預かってくれるというので、とりあえず重い荷物を預けて私たちは「ビンジュオンホテル」に逆戻り。この宿、従業員が日本語を話すだけでなく、日本語のマンガもたくさんあるので、時間まで「H2」をひたすら読みながら待機です。

マンガの続きをもっと読みたい気持ちをグッとこらえて、夕方17時に駅へ戻ると構内はガラガラ。多くの人はバスや他の列車に振り替えて既に移動してしまった様子。18時だった予定はさらに遅れ、結局列車が来たのは20時過ぎ。でもラッキーなことに9時間半遅れの車両はすいていて、4人用のコンパートメントを私たちだけで使うことができました。最後尾には食堂車も連結されています。

やっとこ着いたホーチミンシティ(11月5日 世界一周287日目)Ho Chi Minh City, Vietnam…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:2 | top↑
フエでいい湯だな~(11月1日 世界一周283日目)Hue, Vietnam
2008-11-11 Tue 01:24
南北に長~いベトナムは移動に意外と時間がかかります!首都ハノイから中部にある古都フエまではバスで約12時間。今回は「シンカフェ」の寝台バスを利用することにしました。「寝台バス」とは、車内に上下2段のベッドがずらっと3列並んでいるバス。中国ではよく目にしたけれど、乗る機会はなかったので今回が初体験。入口で靴を脱いで乗車すると、車内はとても清潔でびっくり!しかもほぼ180度横になれるので、よく眠れます。
寝台バスの車内
(写真:寝台バスの車内)

南米では20時間を超えるバス移動もあったけれど、こんなバスには一度もお目にかかりませんでした~。まさかベトナムでこんな快適なバス旅が出来るとは。あっという間の12時間でフエに到着です。

フエでの宿泊は、「ビンジュオンホテル」。ほとんどの従業員が日本語を話す不思議な宿です。宿泊費は1泊12ドル(約1,200円)で、部屋には日本語でインターネットの出来るパソコン付き。ベトナムの安宿は清潔で、レベル高いです!お湯もちゃんと出るし。
ビンジュオンホテルのある路地
(写真:「ビンジュオンホテル」のある路地)

フエでいい湯だな~(11月1日 世界一周283日目)Hue, Vietnam…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:2 | top↑
高原の町サパと少数民族の日曜市(10月26日 世界一周277日目)Sapa & Bac Ha, Vietnam
2008-11-05 Wed 18:21
ハロン湾からハノイに戻った私たち。蒸し暑く寝苦しかったその日の夜、ついつい扇風機を回したまま寝てしまいました。それがこたえたのか、あるいはハロン湾の海水を飲んだせいなのか、翌日からユキの体調がおかしい。だるくて、食欲もありません。しかし、大したことはないだろうと思い、とりあえずそのまま旅を継続。まずはハノイから寝台列車で8時間。北部の中国国境に近いラオカイに到着です。
ベトナムの寝台列車
(写真:意外に快適なベトナムの寝台列車)

ラオカイから海抜1,560mの山間部にあるサパまでは、さらに乗合バスで1時間強。小雨が降り、深い霧に包まれた道中でしたが、うっすら棚田が見える瞬間があってなんとも神秘的。サパは小さな町ですが、避暑地である上に少数民族が多く住んでいるため、観光客に人気のスポットです。
モン族のセールス攻撃
(写真:町を歩くとモン族のセールス攻撃が!)

高原の町サパと少数民族の日曜市(10月26日 世界一周277日目)Sapa & Bac Ha, Vietnam…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:5 | top↑
ハロン湾クルーズ(10月22日 世界一周273日目)Halong Bay, Vietnam
2008-11-02 Sun 01:46
ハノイから1泊2日の「ハロン湾クルーズツアー」に参加することにした私たち。いくつか旅行会社を回って比較しましたが、結局は宿泊していたリアル・ダーリン・カフェで申し込みました。料金は一人35ドル。ハロン湾は「海の桂林」とも呼ばれ、海に浮かぶ大小2,000もの奇岩で有名な世界遺産。ハノイからワゴンバスで3時間半、クルーズ船乗り場へ到着です!
クルーズ船
(写真:クルーズ船)

今回、船で私たちと一緒だったメンバーは、イギリス人カップル、フランス人青年、謎めいたベトナム人のサンさん、ホーチミンシティから来たベトナム人の新婚カップルなど。そして、「ユーラシア大陸を横断して、スペインで料理修行をしたい!」という日本人のトモさんも一緒でした。海の上に突き出している奇岩を眺めながら、船は悠々と進んでいきます。特にデッキからの眺めが最高!
ハロン湾
ハロン湾2

しばらくして船を降り、「ティエンクン洞」へ立ち寄りました。内部はライトアップされ、迫力満点の鍾乳洞です。
ティエンクン洞
(写真:ティエンクン洞)

ハロン湾クルーズ(10月22日 世界一周273日目)Halong Bay, Vietnam…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ベトナム&カンボジア編 Vietnam & Cambodia | コメント:6 | top↑
| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。