ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
文庫本とともに行く旅(12月20日 世界一周332日目) Bangkok, Thailand
2008-12-24 Wed 19:41
タイ北部のチェンマイからバンコクへは、列車で11時間半の旅。左右に激しく揺れて、脱線するんじゃないかとヒヤヒヤしながら、約3週間ぶりにバンコクに戻ってきました。
チェンマイからバンコクへ
(写真:特急列車「スプリンター」の車内。昼間の列車なので座席のみ。朝食と昼食付きでした)

国民の95パーセントが仏教徒のタイ。でも戻ってきてみるとバンコクはクリスマスムード。
クリスマスムード
(写真:デパート「エンポリアム」にて)

バンコクではまたも3日間、ユキの親戚の家にステイ。普段自分たちでは食べられない高級タイ料理に焼肉、ラーメンなど、色々とごちそうになりました!昼間も特に観光はせず、不要な荷物を日本に送ったり、新しいスニーカーを買ったり(ユキはこれまで11カ月間履いてきたトレッキングシューズにさようなら!)、文庫本やガイドブックを仕入れたりなど、ゆっくり過ごしました。

文庫本とともに行く旅(12月20日 世界一周332日目) Bangkok, Thailand …の続きを読む
スポンサーサイト
別のウィンドウで開く | タイ&ラオス編 Thailand & Laos | コメント:2 | top↑
象の鼻息は荒かった(12月15日 世界一周327日目) Chiang Mai, Thailand
2008-12-23 Tue 00:09
タイ北部の中心都市チェンマイは、トレッキングの拠点としても知られる町。私たちも、一泊二日のツアーに参加してきました!今回の参加者の出身国は、ブラジル、オーストラリア、カナダ、イギリス、そして日本の5カ国から計11人。自己紹介を済ませた後も、ブラジル人の女の子3人組が最初から飛ばし気味で、始終にぎやかに話しています。

初日はトレッキング開始前に、スネーク・ファームに寄り道。DJの実況中継に合わせて、蛇使いが蛇にキスしたり毒を吐かせたりする「スネークショー」を見学しました。
スネークショー
(写真:スネークショー)

ここでショーそのものよりも面白かったのが、観客の中にいたイスラエル人男性。体格は立派なのに超怖がり!前半からビクビクして逃げ回っていたので蛇使いに目をつけられ、後半、蛇によく似たヒモが彼に投げられると、驚いて腰を抜かしそうになりながら会場の外へ逃げていく!彼には申し訳ないけれど、見ている方としては大いに楽しませてもらいました。

スネーク・ファームを出た私たちは、山の麓の休憩所で昼食をとり、いよいよトレッキングのスタート!歩き始めると、私たちの予想をはるかに超えるハードな坂道。ガイドが率いる先頭集団、そして私たち二人を含む第2集団と続き、さっきまで元気だったブラジル人3人組は意外にも最後尾で、ついてくるのに精いっぱい。3人とも急に無口になり、「こんなに辛いと知っていたら絶対参加しなかったのに~」って言ってました。一番体力ありそうだったのに、ちょっと意外な展開。飛び石や丸太の橋を渡り、ススキ畑をかき分け、2時間半ほどでようやくラフ族の村にたどり着きました。
村から見えた夕焼け
(写真:村から見えた夕焼け)

象の鼻息は荒かった(12月15日 世界一周327日目) Chiang Mai, Thailand …の続きを読む
別のウィンドウで開く | タイ&ラオス編 Thailand & Laos | コメント:2 | top↑
はじめまして、タナカです。(12月11日 世界一周323日目)Day trip to Myanmar from Thailand
2008-12-18 Thu 14:18
ラオス北部のフエイサイは、タイとの国境の町。まずはラオス側の出国手続きを済ませ、まるで文化祭のようなテントで渡し船のチケットを購入。2週間滞在したラオスに別れを告げつつ、小船でメコン川を渡ると、そこはもうタイです。
渡し船チケット売り場
(写真:国境の渡し船チケット売り場)

タイ入国時に、イミグレーションで入国スタンプを押されて驚いたこと。それは滞在可能日数が「15日間」になってる!今までは日本人はビザなしで30日までオッケーだったのですが、数日前から変更になったそうです。これからタイに陸路で入国を考えている方、要注意です!

タイではまず、北部の主要都市の一つ、チェンラーイへ向かいました。チェンラーイは、静かで落ち着く小さな町。ここでは日本人の大久保さんが経営する「ツーリスト・イン」に宿泊。ベーカリーも併設していて、朝食にいただいた焼きたてパンが香ばしく美味しかったです。
ツーリスト・イン
(写真:ツーリスト・イン)

さて、チェンラーイ滞在2日目に、ちょっと足をのばして「ミャンマー日帰り旅行」に行ってきたのでその様子を報告します。チェンラーイのバスターミナルを出発して、北へ向け走ること1時間半で、まずはタイ最北端の町、メーサイに到着です。
タイ最北端の碑
(写真:メーサイにある「タイ最北端の碑」)

はじめまして、タナカです。(12月11日 世界一周323日目)Day trip to Myanmar from Thailand …の続きを読む
別のウィンドウで開く | タイ&ラオス編 Thailand & Laos | コメント:3 | top↑
ラオス北部でトレッキング(12月7日 世界一周319日目)Muang Sing, Laos
2008-12-13 Sat 16:17
ラオスの滞在を延長することにした私たち。古都ルアンパバーンから、バスで北部のルアンナムターへ向かいました。9時間の道中は、最初から最後までずっと山道!トンネルなんて一つもなく、ひたすら山の中をクネクネ曲がって進みます。これにはさすがに気分が悪くなる人続出!でも地元の人たちは慣れた様子で、みんな車掌が配る袋に「ゲーゲー」と吐いて、その袋を窓から次々に投げ捨てて行きます!右へ左へ、袋を投下しながら山中を進むバス…。自分達は大丈夫でしたが、さすがに回りの音を聞きながらの長旅は気が滅入ります。
ルアンナムター行きバス
(写真:ルアンナムター行きバス)

ようやく着いたルアンナムターでは1泊だけして、翌日はソンテウ(軽トラックの荷台に座席と屋根をつけたもの)に乗ってさらに2時間。これまた気分の悪くなる山道!を通って、中国国境からわずか10キロほどの田舎町、ムアンシンに到着しました。

わざわざこんな田舎まで来たのは、少数民族の村を訪ねるトレッキングに参加するため!早速、町中の旅行会社を訪ねました。すると、日帰りトレッキングに2人だけで参加した場合、費用は1人当たり28万キープ(3,300円)。でも、人数が多いほど安くなり、4人いれば1人当たり18万キープ(2,100円)になることが判明。そこで、誰か同行者を見つけるぞ!ということで、旅行会社の前で張り込み開始。しかし、田舎すぎて観光客が全然いません。
座り込み
(写真:旅行会社前で座り込み。でも人が全然通らない…。)

あきらめかけた夕方5時頃、通りがかった旅行者から「さっき、明日トレッキングに行くというフランス人夫婦に出会った」という情報が!さらに張り込みを続けると、それらしい夫婦が近づいて来るのを目撃。聞いてみると、やっぱり「明日行く」とのこと。良かったー!同行者ついに発見。これで参加費が安くなって、4人ともハッピーです。

ラオス北部でトレッキング(12月7日 世界一周319日目)Muang Sing, Laos…の続きを読む
別のウィンドウで開く | タイ&ラオス編 Thailand & Laos | コメント:3 | top↑
托鉢とカオニャオと私(12月4日 世界一周316日目)Luang Prabang, Laos
2008-12-10 Wed 13:18
サバイディー!ラオスでは標識のお姉さんも腰にサロンを巻いています。
標識のお姉さん
(写真:ルアンパバーンの街角にて)

「チューブ下り」の町バンビエンから古都ルアンパバーンへは、曲がりくねった山道を走ること7時間で到着。この町で私たちが向かったのは、「コールドリバー・ゲストハウス」。しかしこの宿、大人気のため残念ながら満室。近くの別の宿に泊まって、翌日ようやく移動することができました。ラッキーなことに、ちょうどその日は5日に1回の「無料夕食サービス」の日!他の旅行者たちと一緒に、チキンライスをお腹いっぱい食べてハッピーです。

ルアンパバーンはとても小さな町ですが、何と80を超えるお寺があります。人々の信仰心も篤く、早朝には托鉢の様子を見ることができます。

托鉢とカオニャオと私(12月4日 世界一周316日目)Luang Prabang, Laos…の続きを読む
別のウィンドウで開く | タイ&ラオス編 Thailand & Laos | コメント:3 | top↑
| BUENA SUERTE de 道まかせ | NEXT
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。