ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
自転車丸ごと漂流記(10月16日 世界一周267日目)Yangsuo, China
2008-10-23 Thu 18:29
マカオから再び「国境」を越えて、中国本土に戻った私たち。現在日本人がビザなしで中国に滞在できるのは15日間までですが、一度香港やマカオに「出国」すれば再び15日間滞在が可能なんです。まずは広州で2泊した後、バスで陽朔を目指しました。

…と言っても、「陽朔?それってどこ?」というのがみなさんの正直な反応かもしれません。陽朔は、水墨画のような奇岩で有名な景勝地、「桂林」の近くにある町。中国では珍しく、欧米人バックパッカーが集まる町としても知られています。

さて、広州から陽朔までのバスは、所要約9時間とのこと。途中、まともな食事休憩があるかどうか分からなかったので、パンやバナナなどの非常食を持ち込んで長期戦の覚悟。しかし、11時半ごろに田舎の超ローカル食堂でしっかりと食事休憩がありました。しかも、昼食代はバス代に含まれているということで無料!私たちも中国人の乗客に混じって食事をとることに。
指さしながら注文
(写真:指さしながら注文)

そこでさらに驚いたのはトイレ!汚い話ですみませんが、この休憩所の女性用トイレには扉がないんです!(もちろん男性もないです)ノックが出来ないので、空いているかどうかを知るためには中を見るしかありません。そこには横を向いたみなさんのお尻がぁ~!9ヵ月近く旅行してきたけれど、ずらっと並ぶお尻ビューにはかなりの衝撃。ついでに次の休憩所では、トイレなのに扉どころか便器もなくて、足元にあるのはただの溝。話には聞いていましたが、これが「ニーハオ・トイレ」か~!とビックリでした。

自転車丸ごと漂流記(10月16日 世界一周267日目)Yangsuo, China…の続きを読む
スポンサーサイト
別のウィンドウで開く | 中国&香港&マカオ編 China & Hong Kong & Macau | コメント:2 | top↑
宇宙戦争VS微笑天使VS力戦神速VS大震撼(10月11日 世界一周262日目)Macau
2008-10-17 Fri 00:55
なんだか訳の分からないタイトルですが、その答えはのちほど…

香港から、中国にあるもう一つの「特別行政区」マカオへは、高速船でたったの1時間。
マカオ行き高速船乗り場
(写真:マカオ行き高速船乗り場)

マカオは、1623年から1999年12月までポルトガルの植民地だったという独特な歴史を持っていて、今でも中国語とポルトガル語が公用語になっています。

果たしてマカオでは今もポルトガル語が通じるのだろうか?と疑問に思った私たちは、ブラジル仕込みのなんちゃってポルトガル語で入国審査官に"Boa tarde!(こんにちは)" とにこやかに話しかけてみましたが、結果は軽く無視。

次こそは!と気合を入れて、タクシーの運転手にも "Boa tarde! A este hotel, por favor.(このホテルまでお願いします)"と話しかけてみましたが、やっぱり反応はイマイチ。全くポルトガル語で返事をする気配がありません。「ポルトガル語で話そう」計画は5分にしていきなり撃沈!町の標識や看板などはポルトガル語で併記されている事が多いものの、香港での英語とは位置付けが全く違うようです。

でも、マカオの街中にはポルトガル風の教会や石畳が残っていて、エッグタルトなどの食べ物も人気。私たちも、まずは壮麗なファサードの残る聖ポール天主堂や、波打つ模様の石畳が美しいセナド広場を見学。
聖ポール天主堂
(写真:聖ポール天主堂)

そして、マカオといえば忘れてはならないのが、ジャーン!
カジノ
宇宙戦争VS微笑天使VS力戦神速VS大震撼(10月11日 世界一周262日目)Macau…の続きを読む
別のウィンドウで開く | 中国&香港&マカオ編 China & Hong Kong & Macau | コメント:2 | top↑
香港まるかじりレポート(10月7日 世界一周258日目)Hong Kong
2008-10-15 Wed 01:08
福建省の龍岩から広東省の梅州まではバスで5時間。この町で1泊して、翌日再びバスで5時間、香港との「国境」の町、深センに到着しました。香港は97年に中国に返還されたけれど、「一国二制度」が続いている今はやっぱり別の国。
羅湖の国境
(写真:深センと香港を隔てる羅湖の国境)

出入国審査はあるし、通貨も違うし、車も中国本土とは逆の左側通行。ほとんどノーチェックで行き来できるヨーロッパよりもこちらのほうがずっと「外国に来た!」という感じがします。入国審査と両替を済ませ、ピカピカの電車に乗って私たちが最初に目指したのは、「重慶大厦(チョンキンマンション)」。バックパッカーで知らない人はいない、香港名物の安宿が密集する巨大雑居ビルです。
重慶大厦の正面入り口
(写真:重慶大厦の正面入り口)

香港まるかじりレポート(10月7日 世界一周258日目)Hong Kong…の続きを読む
別のウィンドウで開く | 中国&香港&マカオ編 China & Hong Kong & Macau | コメント:2 | top↑
私を土楼に連れてって(10月3日 世界一周254日目)Fujian Hakka Tulou, China
2008-10-12 Sun 20:41
厦門(アモイ)からバスで2時間、福建省内陸部にある町、龍岩に到着です。バスターミナルから三輪タクシーに乗って向かったのは「興龍大酒店」。このホテルの宿泊費はツインで1泊100元(約1,500円)。値段が値段なので特に期待はしていませんでしたが、部屋に入ってみてびっくり!掃除の行き届いたきれいな部屋で、トイレ、シャワー、エアコン、電話、テレビ、湯沸かし器、ミネラルウォーター、鉄観音茶のティーバッグ、そして朝食までついているんです。どうぞ写真でご覧ください!
龍岩のホテル
(写真:龍岩のホテル。この部屋で朝食まで付いて1,500円なんて信じられない~。)

さて、龍岩は「客家土楼」見学の拠点となる町。客家土楼とは、主に中国の華南地区に住む客家(はっか)の人々が建てた、土造りの巨大な住居のことです。中でも有名なのは「円楼」で、イメージ的には円形につながった長屋。その長屋が四階建て、五階建てにもなっていて、数百人が住めるという、まるで1つの村であるかのようなスケールの大きさになっているんです。

今年世界遺産に登録されたばかりの客家土楼、私たちも是非見たい!ということで、まずは龍岩からワゴンバスで2時間の「永定客家土楼民俗文化村」を目指しました。
土楼民俗文化村行きのバス
(写真:土楼民俗文化村行きのバス)

私を土楼に連れてって(10月3日 世界一周254日目)Fujian Hakka Tulou, China…の続きを読む
別のウィンドウで開く | 中国&香港&マカオ編 China & Hong Kong & Macau | コメント:3 | top↑
モアイじゃないよアモイだよ(9月28日 世界一周249日目)Xiamen, China
2008-10-08 Wed 16:35
上海から福建省の厦門(アモイ)へは、電車で約22時間半の旅。私たちが上海駅で人々をかき分けて何とか手に入れたのは、三段寝台(硬臥)のチケットです。中国の列車では熱いお湯が自由にもらえると聞いていたので、あらかじめカップラーメンをたくさん買い込んで、いざ出発!
列車
(写真:列車)

上海発は18時21分。まだ夕食にも寝るにも早い時間で、周囲の人が何やら私たちに話しかけてくるのですが、チンプンカンプン。とにかくメモ帳とペンを取り出し、「我是日本人、請写一下」(私は日本人です、書いてください)と筆談でのやりとりがスタート。私たちの向かいに座っていた夫婦は、二人とも50代前半くらい。筆談により判明したのは、中国西北地方の寧夏回族自治区・銀川から来ていて、やはり厦門に向かうところ。ご主人の名前は王(ワン)さんで、奥さんは桑(サン)さん。

モアイじゃないよアモイだよ(9月28日 世界一周249日目)Xiamen, China…の続きを読む
別のウィンドウで開く | 中国&香港&マカオ編 China & Hong Kong & Macau | コメント:5 | top↑
| BUENA SUERTE de 道まかせ | NEXT
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。