ユキ&サヤカ
http://michimakase.blog108.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のウィンドウで開く | スポンサー広告 | top↑
エーゲルワーイン♪ エーゲルワーイン♪ (7月15日 世界一周174日目) Eger, Hungary
2008-07-24 Thu 00:30
首都ブダペストからバスで2時間、ハンガリー北東部の町「エゲル」にやってきました。しかし道中では大豪雨!に見舞われ、あいにくのボロバスだったために車内のあちこちで雨漏りが発生。それでも誰一人文句を言わず、みんな車中で傘をさしたり、ビニール袋で天井の隙間をふさいだりして何とかしのいでいました。やはり騎馬民族は心が広い!のでしょうか。
エゲルの町
(写真:エゲルの町。手前に見えるのは16世紀のオスマン帝国時代に作られたミナレット。)

雨のエゲルでは宿探しに大苦戦!まずは観光案内所で数軒の宿を紹介してもらいましたが全て満室。次に、学生が夏休みの間だけ開放されている寮に行ってみましたがここもダメ。2時間ほどあちこち探したものの手頃な宿が見つからず、結局1泊7,500フォリント(=5,700円)と、ちょっと予算オーバーでしたが、地元の旅行会社で紹介してくれたプライベートルーム(民宿)に泊まることに。

エーゲルワーイン♪ エーゲルワーイン♪ (7月15日 世界一周174日目) Eger, Hungary…の続きを読む
スポンサーサイト
別のウィンドウで開く | ポーランド&ハンガリー編 Poland & Hungary | コメント:1 | top↑
マジャールでゴジャール (7月13日 世界一周172日目)Budapest, Hungary
2008-07-18 Fri 22:45
ハンガリーは、遊牧民を祖先とするマジャール民族の国。とはいっても、街並みや人々の顔立ちは周辺諸国とそれほどの違いはありません。とにかく大きく異なっているのは言葉!ハンガリー語はそれぞれの単語が長くて覚えにくいし、周辺諸国の言葉との共通性がほとんどないので大苦戦。レストランでも、英語メニューがあれば良いのですが、そうでないと完全にお手上げ!メニューを最後まで見ても、全く分かる単語がありません…。

さて、ブダペストに計5泊した私たち。見どころはたくさんありましたが、一番は何といってもドナウ川を挟んで「ブダ」と「ペスト」の町をつなぐ「くさり橋」でしょう。昼間でも十分美しい橋ですが、夜景はもっときれい!ということで、夜10時頃に出かけてみたところ、ちょうど川の向こうから花火が上がっていました!
花火とくさり橋
(写真:くさり橋の夜景)


マジャールでゴジャール (7月13日 世界一周172日目)Budapest, Hungary…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ポーランド&ハンガリー編 Poland & Hungary | コメント:4 | top↑
旅のトラブル (7月11日 世界一周170日目) Budapest, Hungary
2008-07-13 Sun 07:01
ポーランドのクラコフから夜行列車で約11時間、ハンガリーの首都、ブダペストに到着しました。
ドナウ川とくさり橋
(写真:ブダペストの象徴、ドナウ川とくさり橋)

旅行に出てもうすぐ半年、読者のみなさんから「トラブルに遭ったりしないの?」と聞かれることが時々あります。おかげさまで、今のところ盗難や入院などの大きなトラブルには遭っていませんが、今回は趣向を変えて旅行中のプチトラブルをご紹介します!

旅のトラブル (7月11日 世界一周170日目) Budapest, Hungary…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ポーランド&ハンガリー編 Poland & Hungary | コメント:2 | top↑
クラコフで寮生活 (7月9日 世界一周168日目) Krakow, Poland
2008-07-11 Fri 03:28
アウシュビッツからクラコフの町に戻ってきた私たち。その晩はショックで眠れなくなるかと思いきや、予想以上にどっと疲れ、泥のように眠ってしまいました。実はクラコフで私たちが泊まっている所は、ヤギェウォ大学の寮。ヤギェウォ大学は前ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世も学んだ由緒ある大学で、この寮は学生が夏休みの間だけ旅行者に開放されています。料金も、トイレ・シャワーは共同ですが、1泊80ズウォティ(約4,200円)で個室に泊まれてリーズナブル。でも、夏休みとはいえ寮に残っている学生も一部いるらしく、隣の部屋では夜中に大音量でミュージックタイム!が始まったりもしてました。まあ学生寮にこちらが泊めてもらっているのだから仕方ありませんね。
大学の寮
(写真:ヤギェウォ大学の寮「ジャチェク」)

クラコフで寮生活 (7月9日 世界一周168日目) Krakow, Poland…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ポーランド&ハンガリー編 Poland & Hungary | コメント:0 | top↑
人類最大の負の遺産・アウシュビッツ (7月7日 世界一周166日目) Auschwitz, Poland
2008-07-08 Tue 23:51
チェコ東部のオロモウツからポーランド南部のクラコフへは、特急(ユーロシティ)とローカル列車を乗り継いで約6時間の旅。国境越えの際にも特に手続きなどはなく、列車の中で係員にパスポートを見せただけで終わりました。
カトヴィツェ~クラコフ間のローカル列車
(写真:カトヴィツェ~クラコフ間のローカル列車)

クラコフはかつてポーランド王国の首都が置かれていた場所で、世界遺産にも登録されている美しい町。町自体にも見所はたくさんあるけれど、私たちがここに来た理由の一つが、クラコフの西54kmにあるオシフィエンチム(ドイツ語名アウシュビッツ)を訪ねること。アウシュビッツ。言葉を聞くだけで何だか背筋が寒くなるような響き。ご存知の通り、第二次大戦中にナチス・ドイツの強制収容所が置かれていた所で、ここでは150万人以上の人々(主にユダヤ人)が虐殺されたと言われています。

自分たちで行くと決めておきながら、前日から2人ともかなり憂鬱な気分。150万人という想像もつかない数の人が殺されていった場所。それも遠い昔の話ではなく、わずか60年と少し前に起こった出来事。一体どんな思いでそこを訪ねればいいのか、どうして人間にそんなことが出来たのか。

人類最大の負の遺産・アウシュビッツ (7月7日 世界一周166日目) Auschwitz, Poland…の続きを読む
別のウィンドウで開く | ポーランド&ハンガリー編 Poland & Hungary | コメント:5 | top↑
| BUENA SUERTE de 道まかせ |
copyright © 2006 BUENA SUERTE de 道まかせ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。